読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

novtanの日常

ネタです。ネタなんです。マジレスする人は撲滅すべき敵です。だからネタだってば!

アパホテルと表現の自由

社会

難しい問題ではある。パクリサイトの問題は少なくともそのパクリの部分については法律的に黒に限りなく近いグレー(リライトしてるからねえ)であるという話で簡単なんだけど、不正確な医療情報って話は企業としてどうなのよ、という話で責めるしかない。同様に、アパホテルの主張についても、企業としてどうなのよ、が解でしかないのだと思う。

表現の自由を盾に取るのはもちろん可能で、その主張が正しいかどうかに拠らず、社会的な影響を受ける可能性はあって、それを覚悟しているのであれば、どうぞ表現の自由を思う存分行使してください(違法行為でない限り)、というのが僕の見解ではあるので、アパホテルについては本の内容はでたらめだと思うし、その主張をしている限りアパホテルは使わない、ということを宣言するしかない。もちろん、こういう一人ひとりの声が世論となって非難の声が高まって、という風に動くのが社会だと思う。その逆の力も当然働くし、歴史修正主義がその内容の問題にも関わらずそれなりに蔓延っているのは感情から来る願望に訴えかけているからでなかなか難しいところではある(というのはその影響を受ける側の人であって、主張している人は真正の人もいれば単に政治的に有利な歴史の捏造をしたいという私欲からの人もいるだろう)。

まあ、言い続けるしかないよね。

年々低くなるBUZZのハードル

Web

昨日どっかで見たんだけど、SEO成功している検索キーワードがテレビで紹介された結果、1日65000アクセスがあった!んだと。

少ない…少なすぎるぞ…

世の中本当にブログで飯食ってる人が存在するのかと疑いを持つ程度には最近のウェブはBUZZのハードルが低い。もうアドセンスで儲かっている人はいなくて、アフィがうまく行っている人がいるだけなんじゃないかと思うし、砂上の楼閣的な危うさがあるようにも見える。でもそのへんの実態よくわかんないんだよねー。虚偽報告かもしれんので、広告側(クライアント側)の人がそういう話をしてくれんものかと思うんだけどね。

一方で、そういうのなくても100万PVだなんだという派手な数字が踊っているのもよく見て、それホントなの?って思ったりするんですけどね。

スマホの広告をスマートに出来ないものか

Web

いろんなものを無料で使わせてもらっている(もちろんお金を払っているものも多々ある)身としては、広告に必要以上のヘイトを持ってはならぬ、とは思っているんです。広告が出ること自体を忌避している場合、じゃあお前は何を対価にそのサービスを使ってるのか、と問いたくなることもあります。
なので僕自身の行動としては、広告自体はたまーに興味を惹かれるものが出ることはあるので、広告経由で移動することもあります。
多分、広告主が意図しているのは、そういう対象に対して広告を打ちたいってことだと思うんだけど、実際のところスマホの広告を掲載している側はかなりの割合が「誤爆」を期待している、ということが特に去年は激しく意識された一年でした。

でもって、とりあえず撲滅したいのは「スクロールするたびに画面の下の方を移動して下がっていくバナー広告」ね。これ、どう考えても連続してスクロールさせる動作で誤爆するように調整してあるので、広告主にとって明らかにEvilな広告のはず。誤爆でもいいから来てくれ、という広告主はそもそもその会社がEvilであるので潰れて良いと思う。でも、サイトでどう動くかはある程度コントロールできない部分のはずなので、そういう意味ではそういう手段をユーザーに提供している広告代理店を選択している時点でEvilってことで、XXとかYYみたいな広告代理店に広告出している会社一覧とかを作ってヘイトを貯めるしかないのではないか、と思ったり思わなかったりするわけです。

あと、おんなじ広告パーツでどこのサイト行ってもターゲッティングされた広告出るってやつはスマホに限らずうざったいというか、機会損失なんじゃないかなーって思うんだけどね。

そんなことを今年はもうちょっと掘り下げて考えて見れるかなーどうかなー。

Googleの広告掲載基準が厳しいからそこに乗れない会社がEvilな手法の広告代理店を選択せざるを得ない、とかそういうのもあるのかもしれんけど、手法の健全化をしている会社が勝ち組になれないとプラットフォームが死ぬと思うんだよね。