novtanの日常

ネタです。ネタなんです。マジレスする人は撲滅すべき敵です。だからネタだってば!

SIerの中途採用における無意味なキャッチフレーズ

某銀行の巨大な対応も山場を迎えていよいよレガシーなSIerのレガシーなお仕事もピークを過ぎてきています。これをひしひしと感じるのはやはり中途採用の応募でリーダークラスが増えてきたというところですね。

ところで、新卒採用においては多くの人が「サークルの代表をやって引っ張っていました」とか「バイトリーダーで…」とかの経験を書いたり話したりすることが多いのですが、大抵の場合、「これ、絶対そんなことやってないよね」という地に足がつかないエピソードが多いんですね。この話前にもしたな。別に採用面接において真実性を求めているわけではないので良いんだけど、全員がリーダーであることを求めているわけでもないので自分の特性に合わせた話をすべきだよね、という風に思っていますね。

これは中途採用もおんなじで、特にSIer系だと「チームリーダーしてました」「マネジメントしてました」という売り文句がどうしても出がちなんですけど、採用する側からすると「え、そんな規模で管理しかしてないの?」みたいな履歴も多くて、その時点で不採用ですね。
僕の所属している会社であれば、40前後の求人であれば、まず知りたいのはシステムアーキテクトとしての実力と得意領域であり、実績なんだけど、ここ最近多いのは「効率化して現場の工数減らしました」ってのばっかりなんですよね…いやそんな安定した現場の話じゃなくてね…

SIerってのは新しくサービスを作っていくというのももちろんあるんですが、やっぱり仕事の中心はお客さんの持っている課題をシステムで解決するための提案をしてなんぼだと思っていますし、そのための大前提はピンポイントの技術でも、現場の細かいマネジメントでもなく、まずは大上段のアーキテクチャを考えることができるシステム屋脳なわけですね。でも全体のアーキテクチャをきっちり考えられるアーキテクトなんて(特に現場のSIerには)そんなにいません。もっと問題なのは、どんなにシステムに長く携わっていても「隣の島がやっているシステムのことは全く知らない」で満足しているSEが多いってことなんですよね。そういう人が転職活動するとどうしても経歴にはミクロな世界の話ばかりが書かれてしまう。じゃあ、あなた新しいプロジェクト立ち上げたらそこをリーディングできるの?というのがどうしても読み取れない。技術レベルがわからないからどういうたぐいのプロジェクトであればチーフのエンジニアとしてお客さんと相対できるかわからない。

というわけで、個人的には過去実績のミクロな話はそこそこにして、アーキテクトとしての自分の現在と未来、システムではなく顧客の問題解決をした実績、自分が所属していたPJTの業務知識と今後の業界展望、そういったものを話してくれる人は未来を感じやすいですね。

少なくとも、30代後半以降の人でシステムアーキテクト、業務スペシャリスト、豪腕マネージャ、のどれかにキャッチフレーズ的に当てはまらない人はまあ採用難しいよね、と思っています。

マンガアプリはマンガの有り様を変える?

何周か遅い話なのかもしれないけど。
バイトサイズゲームの理屈::Colorful Pieces of Game

これ読んでて思ったのが、「マンガアプリの広告ってこれだな」ということで、一日4話まで無料なマンガアプリ的なものがX話①~⑧とかそれもう4話無料じゃないしみたいな作りになるのってそれが問題なんだと思うわけね。で、ユーザーに続きを読ませないといけないから、新作マンガは煽りだらけになる、かもしれない。なんなら読んでる最中にガシガシ広告出してくるアプリもあるしね。
そうじゃないアプリもたくさんあるからなんとも言えないけど、やっぱり月額読み放題、余計な広告なし、という方向にきっちり向かってほしいなあ。エロ漫画雑誌がそれを先行しているというところが悲しい。

パチンカス的な何かについて

kyoumoe.hatenablog.com

うんまあそう。どちらかというとオタクはパチンコ業界に「ニワカ増やしやがってふざけんな」「勝手に変な設定追加するな」的なヘイトを感じるべきだと思うんだよね。「はあ?そのアニメそんな設定ないし?何で見たの?え、パチンコ?」「しかも公式ぃぃい???」的なやつ。といいつつもパチンコ業界の金でアニメ業界の幾ばくかは支えられてたりするんだよなあ…

それはさておき、もともとの増田の言っていることもちょっと微妙で、そもそも本来の「正しい」パチンコ台てもっと全然「回らない」ものらしいんだよね。で、ここ最近の釘問題に付随してわかったんだけど、今のデジパチ(真ん中あたりにあるスタート入賞口に入るとくるくる回って図柄が揃えば大当たりってやつね)の時間あたりの回転数は本当はもっと低くて、そのかわり一般入賞口って言われているかつてはほとんど入らなかった(のが本来はおかしい)入賞口にもっとじゃんじゃん入る。そうすると玉持ちは良くなるけど何も起きない。デジパチなんて液晶でひたすらなんかおこして煽って頭をおかしくすることが仕組みの根幹みたいなんだから何も起きないと誰もつまらなくてやらないよね。10時間打ってたまに図柄が動いて3時間に一回初当たりするとか誰もやらんって。出て入ってちょっと金が減るみたいな台は簡単に作れるけど、大負けもするけど大勝ちもしない台を作るのが難しくなって、それだと打つ人減るよね、という話だよね。そんなわけで真面目に釘を規定通りにすると運が良くてもめったに勝てないパチンコ屋になるからそうはできない、ということで存在が根幹から揺らぐような話だったんだけど、あんまりそうなってないのはなぜかな、というところ。

まあ個人的にはそういうのはどうでも良くて、とにかく最近のパチンコ台は産業廃棄物レベルが上ってきていてもともと板みたいな筐体だったのに今やデコトラみたいにせり出しあり可動領域あり何あの台の上に生首せり出す台…というのが嫌です。ボタンの代わりのデカイ剣を押し込めーとか。コワイ。初代花の慶次くらいのときはまだパチンコ面白いなって思ってたんだけど、最近のはホント無理だわ。あたったとき気持ちいいというより恥ずかしいもん。射幸性とか規制するのは警察の立場からするとわかるけど、ギャンブル依存をなんとかするつもりだったらむしろ演出の方を規制すべきだわ。射幸性規制しすぎてアドレナリン出すことに注力しすぎてるのが今のパチンコだよね。

パチスロのほうが演出面ではまだ平和だなと思ってたけど最近液晶が上にせり出す台とかありましてね…

まあパチンコ屋でもっとも罪深いのはこの店当たらんとかぶつくさ言いながらもずっと打ってるジジババの金をじわじわ吸い上げていることだね。逆に言うと真面目に研究して「勝率を上げる」ことを主眼にやる人が増えたらまず間違いなくほとんどのお店が潰れるので宝くじ買ってるくらいの気持ちで生暖かく見守っておけば良いと思うんですね。公営ギャンブルと違って1億円一本勝負とかもできませんし。