読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

novtanの日常

ネタです。ネタなんです。マジレスする人は撲滅すべき敵です。だからネタだってば!

素直な気持ちと差別の紙一重

はてなブックマーク - 熊谷市長による男性保育士に関する議論。保護者の男性保育士を自分の娘に担当させるなと言う要求は正当なのか? - Togetterまとめ

ここで「気持ちの問題」と言っている人とは理性的な会話は出来ないんじゃないかと思ってしまう。

もちろん、この問題は「ちょっと抵抗あるよね」な話である一方で、僕らはその感情を遠ざけるのが差別を解消する唯一の手段と知っているはずなんだよね。だから、正論であることを認めながら、気持ちの問題がそれを肯定しきれない、という人はともかく、「そうじゃねえんだよ気持ちの問題なんだよ」って言っている人は、社会的あるいは倫理的に選択をしなければならない局面で感情に左右される選択を是とするということと理解してしまう。

一方で、これは単純な差別の問題でもないんだよね。確かにここで行われているのはある種の差別であることは間違いないし、差別的な発言も散見される。ただ、これが差別をしたいと思っている内心から来ているかというと全くそうではない。というか、カジュアルな差別のうちの半分くらいは「安心したい」だけであり(もっともその安心にはほぼ根拠がないのだが)、残りの半分の殆どは理解=同化という勘違いにあるだけなんだと思っている(これは飲み屋のおっさんの話のときにした気がする)。だからこの話を「差別主義者」という問題に落とし込んでしまうと全く話は解決しない。

安心したい、に対してもっとも低コストな対応方法は「理解可能」なものを提示することだ。つまり、保育なら母親と似通っているもの、隣人なら自分に似通っているもの、店員なら…。男性保育士が不利な点は、世の大半の父親が母親と当価値の役割を果たしえていないという事実にあるのかもしれないけどね。もちろん、この安心はニセの安心である。女性保育士が独身未婚女性であることも多い(というかかなりの割合がそうだろう)わけで、むしろ保育士という専門職である点に安心すべきであるし、保育園の体制(例えば、ひとりで仕事しない)に置くほうがよっぽど合理的なんだよね。そこで合理的な基準ではなく、感情的に「女性だから安心」と短絡できるのはまあなんだかあれで。

裸を触る云々の部分は特にこの問題の難しい部分を象徴していて、大きな話として完全にこの問題から人類が開放されることはないんだろうなあと思ってはいるけど、この件だけに絞ると単純な話、「男性保育士がたくさんいる」世の中になれば勝手に解消するんだろう。

某絵本作家のアレについて

すごい単純な話として、「世界がこうなのってアホじゃん。こうなってた方がいいじゃん。実際こうできるじゃん」って話をするときに「だから今の人間みんなクソ」といった瞬間「あーはいそうですね」ってなって終了するじゃないですか。

今まで誰かがたくさんお金と時間をかけて作り上げてきた何かがあって、それを後発の人が搾取的に利用することで世界を変える何かが実現するパターンね。これは実際には世界を変えれてなくて、積み上げてきた貯金がなくなったらオシマイなんですよね。テレビとインターネットがその最たるものでね。

フリーミアム的なモデルだって、上手くペイできているところもあればそうでないところもある。無条件で儲かるわけではないのはコンテンツの質の問題だけではなく、維持費の問題だってあるんだよね。単発の商品一個当てただけで世界を変えられる気分になるのではどうしようもない。

あれが、全く意図通りの炎上商法だったとしたらそれは大したものだと思うけど、同時にただでさえ短い寿命を減らして一瞬にかけただけになりそうだし、それであの程度であればもう限界だよね、と思う。

今回のこれ、誰か制作費とマーケティング費用の試算とかしてないものかね。こっちは全くわからないので僕は試算しようがないんだけど、事業としての継続性とかそういう評価が全くされてない中で何万部売れました!勝利!とか言われてもしっくり来ないし、勝利し続けるためにどのくらいのペースでどのくらい稼げたらいいのかまでわかんないと話にならないよね。

アパホテルと表現の自由

難しい問題ではある。パクリサイトの問題は少なくともそのパクリの部分については法律的に黒に限りなく近いグレー(リライトしてるからねえ)であるという話で簡単なんだけど、不正確な医療情報って話は企業としてどうなのよ、という話で責めるしかない。同様に、アパホテルの主張についても、企業としてどうなのよ、が解でしかないのだと思う。

表現の自由を盾に取るのはもちろん可能で、その主張が正しいかどうかに拠らず、社会的な影響を受ける可能性はあって、それを覚悟しているのであれば、どうぞ表現の自由を思う存分行使してください(違法行為でない限り)、というのが僕の見解ではあるので、アパホテルについては本の内容はでたらめだと思うし、その主張をしている限りアパホテルは使わない、ということを宣言するしかない。もちろん、こういう一人ひとりの声が世論となって非難の声が高まって、という風に動くのが社会だと思う。その逆の力も当然働くし、歴史修正主義がその内容の問題にも関わらずそれなりに蔓延っているのは感情から来る願望に訴えかけているからでなかなか難しいところではある(というのはその影響を受ける側の人であって、主張している人は真正の人もいれば単に政治的に有利な歴史の捏造をしたいという私欲からの人もいるだろう)。

まあ、言い続けるしかないよね。