読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

novtanの日常

ネタです。ネタなんです。マジレスする人は撲滅すべき敵です。だからネタだってば!

Twitterが140文字制限を外したら、誰がTweetボタンを押すのだろう

Web

あらあらどうした。いつまでたっても収益が出ないTwitterの、これが終わりの始まりかもしれないね。

appllio.com
www.itmedia.co.jp

Tweetってのはつぶやくという意味だってことだよね。140文字から拡張されたとして、それはもはやTweetではない。
それ以上に、140文字に達したら続きを書くためには強制的にOutputしなければならない現在とは違って、必要なところまで書いてからTweet(ではないが)するスタイルは単にボタンを押すことのハードルを上げ、結局Tweet(ではないが)されない死に文章を生み出してしまうのではないか。何しろTweetの大半は「よく考えたらつぶやく必要ないよね」的な内容なのだから。

現状と同じスタイルでTweetすればいいじゃんって言うのはそのとおりなんだろうけど、軽くRetweetしたり、Replyしたりという文化の中でボリュームのあまりに異なるTweetが乱立しているというのは想像するだけで恐ろしい。そうでもないか。

なぜTwitterが流行ったのか。なぜブログを書かずにTwitterで発信する人が増えたのか。一度に発信できる文字数を増やしたTwitterなんてフォロワーのタイムラインにブログを流す仕組み以外のなんでもない。制約された仕組みだからこそ、イノベーション(と言って良いのかと思ったりはするが忍殺とかはそのたぐいだろう)が生まれるのであって、どこにでもある単なるチャットツールに成り下がったTwitterには価値なんてないだろう(フォロワーなんて水物である)