読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

novtanの日常

ネタです。ネタなんです。マジレスする人は撲滅すべき敵です。だからネタだってば!

クラウドファンディングの本質なる何か

Web IT

こういうのやめて欲しい。

そういった大型ではなく、小さな資金調達の仕組みが今までありませんでした。
ですから、家入さんのおっしゃる名もない、お金もない、信用も少ない人たちの小さな希望をまず叶えること。
5000万円のプロジェクトサクセス1つよりも、5万円のプロジェクトを1000個サクセスすることを選ぶというのがクラウドファンディングの本質というのはまさにその通りだと感動したのです。

CAMPFIRE代表家入一真氏のクラウドファンディングの本質を突いた発言に思わず涙した。 - 未来は変えられるの?

これクラウドファンディングの本質だとしたらクラウドファンディングってネット乞食システムじゃんよ。そうじゃないでしょ。5万円のプロジェクトなんてわざわざ「ファンディング」なんて行って浄財集めるわけじゃあるまいしさ。

そこで、ぼくが彼女の代わりに「中学の同級生のためにに本格カメラをプレゼントしたい!」という名目でクラウドファンディングに挑戦したのです。
結果は、わずか3日でサクセス。
クラウドファンディングが成功したことを彼女は心から喜んでいたし、「こんなワタシを応援してくれた皆さんのためにもこれからインスタグラムを本当に頑張っていきたい!」と意気込んでいました。

CAMPFIRE代表家入一真氏のクラウドファンディングの本質を突いた発言に思わず涙した。 - 未来は変えられるの?

なんだそりゃ。その程度のことは自分でやれよ。金借りろよ。
そもそもハウスイン氏の認識からして

それは、名前もない、お金もない、挑戦者の、
声なき声を、ネットをつかって多くの人に届けるということ。

だからね。声なき声しか発しない挑戦者などいるのかよ。

だいたいさ、大型か小型かに関わらず、具体的に届けたいものがあるけどそれを作るには費用がかかる、だからこれを欲しいと思った人に出資して欲しい、というのがクラウドファンディングなわけじゃん。具体的なリターンが伴わない夢に投資するのは構わないんだけど、具体的なリターンが伴わない夢を他人の紐付きで実現しても一生紐付きなわけじゃん。ちゃんとお返しできるものがないような案件をクラウドファンディングで資金調達ってやっぱりネット乞食とそんなに本質変わんないよね。