読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

novtanの日常

ネタです。ネタなんです。マジレスする人は撲滅すべき敵です。だからネタだってば!

毎回投票していた某党に全く期待ができず困る

結局のところ、情報の鮮度が上がり、情報量も増えることでわかったことは、ほとんどみんなダメだっていう事実だったんだよね。

で、事実を知らなければ期待値だけである程度は投票することが可能であった。事実を知ってしまったら明確に反対しなければならない事象の存在により投票できなくなった。これが現代の選挙への真面目な態度に思えてきてしまっている。

本質的には、僕(ら)はもっと当事者能力を持つべきで、支持政党の候補者(あるいは政党として支持していなくても投票予定の候補者)と対話し、議論し、利害代表として投票すべきなのだと思う。でも今の日本の選挙においてそういう形で有権者が関わる機会は特に都会においては少ないように思える。もちろんそれは僕(ら)がもっと真剣に直接的行動をすべきということにほかならないわけではあるが、運動能力を持った人以外にはなかなか高いハードルになっているように見える。これは公職選挙法による制約の部分もあると思うけど。

マジどうしよう…