読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

novtanの日常

ネタです。ネタなんです。マジレスする人は撲滅すべき敵です。だからネタだってば!

結局のところ、コミュニケーションは前提だろうと

昨日書いたエントリについては端的にいうと「もっとちゃんとコミュニケーションしないと結局差別的言動は解決しないぜ?」って話をしただけなんだけど、なんか言ってない「名誉白人」みたいな返しがあってもにょっていたら返答エントリみたいなのがあって、そこでもどうもちょっと違うことを言われていた感じになったので念のため。

元より、「漫画に出てくるおっさんの発言」については差別的言動であろうという判断を僕もエントリの中で下している。そもそもタイトルが「コミュニケーションエラーによる差別的言動について」である。で、それを糾弾している人はその言葉がおっさんに強力な差別意識に根ざしていないと我慢できないわけ?って思っちゃうんだけどさ、エントリで指摘したようにあれはカジュアルな差別的言動であり、よくコミュニケーションすることで解決可能な可能性が高いものじゃないのって僕は考えているわけです。つまり、数多くのイラン人と接したら「別にそいつが特別日本人以上に日本人なんじゃなくてイラン人も普通におんなじだな」って意識が芽生えさえすればね。その人個人を通してイラン人を知ることもあるだろうし。ただ、おっさんは他に比肩すべき「いいもの」がわかんなかっただけなんじゃないかと。もちろん、そのおっさんが強烈な日本人以外の差別意識を持っていてそれを例外化した可能性はあるけど、じゃあそうだからと言っても本当に嫌っていれば会話するどころかそいつがやっている店に行く事自体を忌避するだろうし、そこまでじゃなくてもイラン人を「名誉日本人」認定出来るだけの対話能力があるのであれば、それを押し進めていけば差別のない会話ができるところまでたどり着けるのではないかと期待せざるをえない。そして、実質的に差別を解消するためにはそういった期待感がない限りは無理でしょ。つまり、ポリティカル・コレクトネスな発言を全国民が強制されたとしてもそれはあくまで言動の規制でしかない。

「あなたは何々も同然だ、むしろ本物以上だ」という言葉がすべて差別だというわけではない。モノマネ芸人はそんな風にいわれたら誇らしく思うだろう。

あなたを名誉マジョリティ、名誉強者にしてあげましょう - はてこはときどき外に出る

これもさ、何が誇らしいかを決めつけているように感じちゃうんだよね。モノマネ芸人が「本物以上」って言われて喜ぶ?それじゃあモノマネじゃないじゃない。とかね。

短歌や俳句が玄人裸足である。こういうケースで「日本人以上に日本人だ」ならまだわかる。

僕にはこれもわからない。これこそ日本人の感性をモノマネして日本人以上に日本人だってそりゃパロディの強調度がひどいって言われているようなものじゃないの?短歌や俳句を極めたらその人の文化的感性によって短歌や俳句を成立させることが可能なんじゃないの?

で、何度も言うように、僕のエントリの趣旨は「差別的言動が生まれる原因の一つにはコミュニケーションの問題があり、それを解消することがある種の差別的言動を減らす第一歩でなのではないか」ということに過ぎず、差別と騒ぐな、といっているわけでもなく、ただ差別意識が当人の自覚として足りないものに対して単に差別と指摘するだけでは差別が内在化するだけじゃねーのと言っているのである。その部分についていやそういう話は散々あってそれじゃだめだって結論が出ているっていうことであればそれは僕が勉強不足なんだってだけだけど、おっさんの言動のどこが不適切かわからんという人という指摘だったので反論した。