novtanの日常

ネタです。ネタなんです。マジレスする人は撲滅すべき敵です。だからネタだってば!

タブーと正しさについて

とりとめもない話ですが…

ルッキズム云々ってのもあるけど、そもそも生きていくことにとって、どのように「気持ちに折り合いをつけるか」というのがは重要なんですよね。非常にでかくて曖昧な話ではあるけど。

雑なたとえだけど「あの人絶対カツラだよね」というものについて、どう向き合うかって話なわけですよ。直接指摘するのタブーだよねこれ、ってのが、「自然のままでいいじゃん」ってなって誰も気にしなくなるって思う?違うよね。本人が気にするんだよ。これをイジるな、とか、ルッキズム云々、っていう風に片付けるというのは、全く人の気持ちに向き合ってないようにも思えてしまう。逆に言うと、「新しい正しさを押し付けている」だけにも思えるんだよね。タブーをなくす、というのはタブーをタブーとすることを制限する、ということに他ならない。

いや、それいいことじゃん、って言われるかもしれないけど、それはそうじゃなくて、ある種の生きづらさを強制して、その枠から外れたら射殺する(たとえですよ)、という社会の姿にどうしても見えてしまう。タブーを作らない、というのは結構矛盾していて、タブーを作らないこと自体がタブーだよね。構造上タブーを作らないというのは無理な話なんですよね。だから、タブーを作らないという極大のタブーに支配された社会ということになるよね。人間の精神はそこに耐えられるように出来ているとは僕は思っていない。

正直なところ、「多様性」という概念についても僕自身は相当懐疑的ではある。みんなが求めている多様性ってのは「正しい(謎)多様性」だよね。そんなものは存在しない。多様性を求めている人が自分たちが正しいと思うこと以外の多様さについてどれだけ承認できるんでしょうかね。そういう、ありをしない前提をベースとして正しさを模索したって答えが出るわけないし、答えが出るわけのないものを曖昧なままで推進することがどれほど罪深いか。

イジリにしたって、イジらないことによるイジリが成立する土壌になってくるんだよね。それこそ、カツラのネタをお笑いでやったとして、カツラをしている当事者がみんな怒り出すかというとそんなことはなくて、それが他人事である限りは笑えたりするだろうし、その方が精神的には相当楽だと思うよ(お笑いがエンタメとして成立するのはそういう側面があると思う)。

結果として、ある種の「正しさ」に乗っからない人は「乗らないお前が悪い」という世界に近づいていると思うんだわ。なんでみんなそんなに正しくありたいんだろうね。僕はアウトローであるとは思っていないけど、正しさを大事に生きてきたわけでもない。科学が好きなのは正しさの質がここで述べている話とは全く違うからだよ。価値観や、大事にしていることの違いについて、ロジカルに説明できるもの以外についてを論争すること自体あまり好きではない(が、何が正しいか、じゃない話であれば議論はしますけど)。だから、逆に正しさをきっちり認めさせたい人はロジカルに話をしてほしいんだよね。これは、哲学とはなんぞやという話でもあるし、哲学ってのは雰囲気ではなくロジックの要素強いからね。

推しが悪い男(女)に引っかかる問題

個々の事例について云々するつもりはないんですけどね、アイドルやそれに類する職業…職業なのか?…における、「恋愛禁止」についてはまあそれがウリのアイドル(つまり、それが付加価値であるアイドル)でもない限りはもうあまり気にされないというか、疑似恋愛対象としての存在とはある種一線が引かれている、みたいなところもあると思うんですよね。思うっていうか、そうだよね。

まあ、一方で、その「疑似恋愛対象ではない」という明言のある中で「推せる」というのは何なのか。

  • 存在自体が尊い
  • 成功して輝いて欲しい
  • 子供を見守っている親の気分

等々あると思いますけど、そうすると「俺のxxを汚すな」というのは疑似恋愛対象でなくても十分に動機が発生するわけですわな。少なくとも、そういうものをウリにした活動をする場合は、汚れてしまうことは商品価値を大幅に毀損しますよね。

この界隈がやっかいなのは例えば「アイドル声優」みたいな存在は実際のところ何が商品価値なの、という境界線が曖昧だったりすること。アイドル歌手とかアイドル俳優も一緒。企業の資本が入って、少なからず企業の価値向上に貢献する、というのがコンテンツ業界のスポンサードの一つの根幹なわけですから、企業のイメージダウンに直結するような話はどうしても敏感に反応しがちだし、そういう柵がないアングラに近いところで行われる表現活動はある意味ドロドロし、ある意味サッパリしたりもしますよね…

ただ、この手の話って「受け手側が勝手に幻想を抱く」という話でもあります。なので、とてもコントロールは難しい。だから、恋人は作っても良いけど不倫はいかんよね、という一般的な話くらいでどうしても線を引かざるを得ないし、それで名演名作になるはずだったコンテンツがずっこけてもそのコンテンツの運としか言いようがないだろうし、商業的に表現作品を作るってのはどうしてもそういうところになっちゃうんだと思うので、あまり作品に罪はない(それはまあそう)ので俳優/声優の不祥事なんか気にするな、というわけにも行かないと思うんだよね(もっとも、評価が定まってる過去コンテンツをお蔵入りさせるのは単にもったいないだけだと思うけど)。

「親ガチャ」の本質は「正しく生きると希望がない」からではないか

「親ガチャ」という身も蓋もない単語が放火の的になったりしている気がする今日このごろですが。

「希望は、戦争。」からもう15年も経ってるんだよな。

アメリカンドリームに象徴されるような成り上がりのストーリーって、21世紀にはいってイメージがどんどん是正されてきていて、少なくとも「表向きは」正しい成功のあり方みたいなのが強く規定されているように思えます。ようは、一発当てて社長になって女侍らして毎日呑み歩く、というのが不道徳の極みみたいなイメージをどんどん持たせれている一方で、定時で上がって家事もちゃんとやって子供は虐待しないで費用をかけて育てる、みたいなことが正しい有り様なんて言われてますよね。実際にそれが正しい有り様そのものだ、なんて多分誰も言ってない(言ったらそれはそれで怒られる)けど、その個々のディテールについて、このイメージから外れることをすると怒られる。

で、現実においては、残業しても残業しても大して収入が上がらない上に、家庭を顧みないとか言われるわけでしょ。生きていてもいいことないハードモードだよね。

だから、イージーモードに親ガチャで入れたやつ、みたいな話になっちゃうんですよ。

昭和から平成にかけて、個人が尊重される一方で、その前提みたいな流れで正しさが変に規定されて、結果的に尊重されるのは個人ではなく正しい個人だ、みたいになりかかってないですか、というのはずっと思っているんですが。他人に過剰に迷惑をかけないのであれば、家族の有り様にしたって、個人の生き様にしたって、自由だろって思うんだけどね。
※その点においては「結果的に他人に迷惑をかけることになるからやめろ」という圧力が生じてきているのはインターネットという存在そのものに原因があるような気がしてならないけど。

まあ別にインモラルに生きようぜって話ではないんですけど、頑張って得られる結果が世間体を気にした窮屈な生活、であればそりゃ夢も希望もないわけですよ。もう少し適当に生きて適当に幸せにやってられますってのであれば、親ガチャとかいう人そんなに居ないと思うんだけどね。