novtanの日常

ネタです。ネタなんです。マジレスする人は撲滅すべき敵です。だからネタだってば!

議論におけるゴールの設定の話

繰り返しになるけど。

現状の社会の見解として白黒はっきりつけたい場合のゴールってどうしても「適法かどうか」になってしまうんですよね。でも、世の中に対する議論は世の中をどう変えていくか、という話でもやるべきであって、日赤ポスターの件とかはまさにその類の「色んな人が違う基準を持っている」話なわけです。
だから、「自明である」という言明はあまり意味なくて、法律とか条例に照らして「違法ではない」以上の議論は深まりません(ex.エロだからダメに決まってるだろ!→ダメというレベルじゃないので大丈夫です)。

もちろん、「こんなのは規制すべきだ」という意見を表明することは全然OKだと思いますが、現状の「規制の対象ではない」ことを変えるためには明確なロジックや基準の提示をした上で、社会の考え方としてそれにどう合わせるべきか(あるいは合わせるべきでないか)を丁寧に議論することが必要なんではないかと思います。これを「嫌に思う人がいる」くらいの基準で議論を端折ろうとしたり、別の例を持ち出して一緒のものとして扱ったとしても話は解決しませんし、強引に進める(つまり圧力を掛ける等のアプローチをする)と他の社会正義に抵触して批判される(例えば、別の部分への抑圧)ことにもなりかねません。

とにかく、色んな人の見解が噛み合っていないものほど丁寧な議論が必要で、最初に設定したゴールに到達しなくても一歩近づけばそれは前進なんだよ、という意識でいることが大事だと思うんですよね。

で、割とセクハラ絡みの話はそういう点をショートカットするせいで社会が壊れる、ということを誰かが言っていた気がするけど、それはわかんなくもない。というか、それに限らず社会通念上許される(これ自体は社会通念の方が間違っている)ことが急に取締が厳しくなるような話って社会が揺らぐんですよね。著作権とか、交通違反とか、そういうところで起きがちな話。法律が現実に合ってないせいで多少めをつむって運用されていたらそこが急に厳格になるとか。違法「ダウンロード」なんてのはそれを更に十分な議論しないまま法律の方を変えちゃった話だし、赤ちゃんの入浴写真が児童ポルノで捕まる話みたいなのもその類ですよね。

規範的意識を元にして世の中の有り様を決めようとするのは完全に後退していないかな?

抽象的な話をするけど、元々、ムラ社会であるとか、ホニャララ制であるとか、ワークライフバランスであるとかまあそういう話で世の中の閉鎖的で閉塞的な物事を現代基準で変えていこうぜ、というリベラル的(的だよね?)な社会の方向性について、別の規範による制御を迫るというのは逆行しているので、そういったことを目論んでいる人はリベラルではない、というのが僕の雑な認識。まあちょっと雑だよねとは思っているけど。

結構この話が難しくなるのはそういうところで、例えば性的なトピックについて開放に伴って攻撃に転化するところもままあると思う(特に一時期の秋葉原は18禁の諸々に寛容な人間ですらちょっと歩き辛いなとは思ったわけで)。だから、5W1Hというわけではないけれど、何をどこまでという線を引くのは大事ってのはあるんだよね。ただ、その線の引き方ってのが誰かの規範的意識に基づくというのはよろしくない。誰かが傷ついたからという基準で物事を決めるのもよろしくない。何かを抑止すると必ずそれで抑圧される人間は出てくるわけだし、どこまでを良しとするかは多角的な面での合意に基づいて行われるべき。

もちろん、そんな風に何事かを決めるのは容易なことではないよね。

マンガ・アニメが積み上げてきたデフォルメ表現がある程度市民権を得てきたのはなぜかとか、性的な要素を含む表現(映画とか写真とか)が戦って
来たものはなんだったのかとかは単一の出来事を例に語るべきではないし、何が恥ずかしくて何が恥ずかしくなくて、何が抑圧で何が開放なのか、というのは人によって大きく基準が異なる話なので混ぜるべきではないよね。

こういうのは常に細かく調整しながら基準を決めていくしかないと思うんだけど、どうしても誰かの主観的な正義が調整を拒否するということが起こりがちで、調整を拒否する人がいると全員「じゃあはんたーい」って言わざるを得ない、みたいな地獄であって、これほどまでネットでの議論に向かない話はないんだと思う。

そもそも、これを後退と捉える僕のような人と、前進と捉える人と、どちらも存在するだろうし、であるならば永久的に話は平行線になるので、なんとしてでも話を進めたい人が規範みたいなものを持ち出さざるを得ない状況にどうしてもなっちゃうんだよね。でもこの話の正解は現状の基準に照らして問題ない(ここでも意見は分かれそうだけど、これは純粋に法的な問題&提供する主体が自分たちの名誉を毀損しないかどうかの判断程度で良いと思う)のであれば、そういう議論が合ったね、というところで終わらせちゃって良くて、そういう事例を積んでいくことでコンセンサスが次第に出来上がっていくというのが良いと思っている。

つまり、単発の事例で結論を出そうとしている人はみんな乱暴だと思うんだよ。

全員の意志を実現はできないけど

本件、基本的な事項のまとめとしては以下のエントリが冷静だと思う。

kamiyakenkyujo.hatenablog.com

この話については、明確な答えは出しづらい。というか、白黒つけるのであれば白であることは(現状の社会通念上)ほぼ間違いないと思うんだけど、それは別にゴールではないんだよね。

で、この、現状の社会通念というやつがやっかいな代物で、わいせつ物の事件においても、ヘイトスピーチの事件においてもそうだけど、ある程度の判断基準になっていて、これは憲法ができた直後から今に至る社会の中で大きく変容しているよね。

どういった表現なら社会的に許容されるか、という問題については今までも多くの議論が起きて、多くの判断が下され、長い時間をかけて変容してきているけれども、現時点で白であっても、声を上げるというのは良いと思うわけですね。ただ、この話は表現の自由への制約という文脈とは違うと思っていて、公共空間にどういう文脈で何を提示するのかが相応しいのかの問題でしかないはずなんだよな。だから、これを表現の自由に対する挑戦として話をしている人はどっちの側でもちょっと戦線を広げ過ぎなんじゃないかなと思う。

最初の環境型セクハラという問題提起もそういう意味でちょっと急進的過ぎるのではないかと思う。もっとも、急進的過ぎる事自体が悪いことではなくて、批判や議論を巻き起こすには良いことなのかも。だけど、その論点に固執してその論点で勝敗をはっきりさせようとする人たちはそんなあっさり社会が受け入れてくれることを期待してはいかんと思うよ。

こういったものに対する議論ってのは価値観に基づく部分が多分にあるし、議論そのものが社会を変えることは難しいけど、物事が整理されて運動につながっていくようなことがあればよいし、そのための土台として重要だよね。勝った負けたの話になってしまうのはどうしようもないところはあるけれども。