読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

novtanの日常

ネタです。ネタなんです。マジレスする人は撲滅すべき敵です。だからネタだってば!

「ヒャッハー系」の僕が先のエントリを書くに至った理由

そうかー。僕ヒャッハー系だったかー。忘れてたよー
これをどっちかというとウェットな話だと受け取った人も多かったんだろうなと思いつつですね、僕自身はこれ、超ドライなエントリを書いたと思ってるんですよね…

というかですね、この手の話っていつも気に食わない部分があるんですよ。なんで思想ではなく人間を切り捨てようとするのかってね。僕がある種の正義にいつも感じることはそういう部分で、そういうことをいう人達がおしなべて「個人の自由」を謳っちゃってることも気に食わない。とてもエゴイスティックに見えるんですよ。

僕は他人の人格というものに対してかなり無頓着な人間なんだなあとこういう時は感じます。

究極的にはよく引き合いに出すSFの設定から借りるとさ、人間なんてみんな行動レコーダー埋め込んじゃえばいいんですよ。その代わり、犯罪の容疑者にならない限り絶対に開示されないし、なったとしてもしかるべきところにしか公開されず、容疑が晴れたらまた秘匿されるようなものね。

ちょっと話逸れたかな。こういうのは例のヤジの問題の解決にはならんからね。

ヤジの件をメインの話で書いたわけじゃないけどそこへの言及がやっぱり多かったから一応どういうことを考えているかは提示しといたほうが良いかな。

そもそもヤジ(特にああいう内容のもの)が良いか悪いかについては議論の余地なんて現代社会においてはないと思っているんですよ。悪いに決まってるじゃん。あそこで「一昔前は問題にならなかった」というのは議会という場がそれなりにクローズドであったということであって、今の「やったことが何でもすぐ世間に伝わっちゃう。例え報道がサボったとしてもな!」という世界によってはじめて公共の場として成立し始めたって思っているわけ。つまり、現時点においても公共意識のズレってものがあると思っています。それはおかしな話ではあるけどさ、某区役所で議会担当やってる友人曰く議員なんて馬鹿ばっかということだしね、都議会だから特別それが改善されているとも思わない。つまり、まだまだ意識を変えていかなければならない場。そんな中で、有効なのは「辞職させる」じゃなくて「謝罪させる」だと思うんだよね。今の空気だと名乗る=辞職みたいな感じじゃない。

で、そういう空気っていうのをこれだけじゃない色んな所に感じるわけですね。

こういうのが最終的には児童ポルノのアレで表現規制のコレに繋がってくるんじゃないかとかね。現実の問題を解決する以前に当事者の感情を満足させようとしてないってね。

僕がドライだって言っているのは、「お前の感情など知ったことか」という意識があるから。復讐とか超嫌い。食えないもん、それじゃあ。

あの手のヤジなんて完全論破して全力で謝罪させるくらいがちょうどいいと思っているんだよなー。辞めたくらいで許されると思うなっていう。ソッチのほうが残酷じゃん的な話かもしれませんけどね、ヒャッハー系的にはヤジを抑止するよりもヤジですら自由であり、しかしその内容が間違っていた場合は端から端まで論破されまくるという世界のほうがお好みなんですよね。