読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

novtanの日常

ネタです。ネタなんです。マジレスする人は撲滅すべき敵です。だからネタだってば!

コンビニのレジで激昂するおっさんを追い払った話

慣れないことをすると緊張で疲れますね…

近所と言っても道の関係で普段行かないコンビニにたまたま行ったんですよ。明日の朝食うパンでも買って帰ろうかなー的な感じで。そしたらしばらくして揉め事の声が…5分以上…ええと…落ち着かない!やり過ごすために立ち読みしてたんだけど話が終わる気配がないというか一方的に謎文句で絡んでる感じ…これ帰れないぞ…いや、違うコンビニ行けばいいか…早く帰れよおっさん…まだかよ…まだなのかよ…つーかこれダメじゃね?

普段こういうのは見て見ぬふりをするのが得意なワタクシではございますが、さて、どうしたものか。まず脳内でシミュレートします。「コラおっさん何コンビニで騒いでんだよこのド低脳が!ああ?」うーんイマイチだなこういう時。とにかくおっさん(ニーチャンかもしれん)が意味不明に喚いているのでアレすぎる方の場合も想定すると逃げる準備はしておいたほうがいいかな?こういう時自動ドアは困る…あ、今日チャリじゃなくて徒歩だな自慢じゃないが瞬発力はある方だが持久力はないぞ…

そんな思考をしている間に居なくなってくれないかなーという淡い期待は2分後くらいに打ち砕かれた。コンビニの平和は俺が守る!いやそんな平和別に守らなくてもいいし僕じゃなくてもいいしやっぱ無視して帰っちゃおうかなどうしようかな(まだ迷ってるのか

まあでももういいや。僕もイイおっさんなので今更そういう場面から目を背けても社会人としての人間レベルが問われてしまう。逃げる準備だけはしてと…(弱い

レジに向かうと…うんまあその筋の人じゃなさそうだし。平和に平和に。
おっさんの肩ポンポン「ほかの人待ってるからそろそろ止めなよ(多少フィクション)」

あ、帰ってくれた。なんというイージーモード。当事者以外への罪悪感に訴える作戦大成功(最初考えてたセリフはなんだったのか)。コンビニの平和は俺が守った!!!!守ったんだよ!!!

しかしこれでこのコンビニでエロ本を買うことは二度とあるまい…都会における匿名性というのはこういった事件によって失われるのだ…