読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

novtanの日常

ネタです。ネタなんです。マジレスする人は撲滅すべき敵です。だからネタだってば!

失言で軽くなる本音というもの

「震災が起きたのが東北でよかった」という言葉を聴いて、少なくともこの部分のみについて様々な理由で共感した人は多かったのではないかと思う。そりゃ当然のこと。で、この言葉が問題になって「本音を言うと失言になるのか」みたいなことを言うじゃない。いやいや、本音を言ったら失言、というのであればもっときちんと全部本音を言いなさいよ、と。

この言葉に共感した人の大半は「とは言え、東北で起きた被害は痛ましいし、日本としても大きな損失であることは間違いないし、僕達も支援したりしなきゃ」というような思いも合わせて持っているはずだ。あるいは、もう少し利己的な人は「自分があんな目に合わなくてよかった」で済んじゃってるかもしれないし、ひどい人だと「しめしめ復興需要で儲けてやろう」とか「年寄りの人口が少しでも減ってよかった」と思っているかもしれない。つまり、本音ってのは失言で示される部分以外に何を考えているかによってぜんぜん違うわけだし、失言ってのはそういうことをきちんと見せないまま表層的な部分だけを「公言する」という「職業:政治家」の人にとっては資格を疑われるような行為、野球で例えるとサヨナラ負けしそうな2アウト満塁同点の状況で敬遠四球を選択するようなものでしょ(意味が通じない喩え)。

本音を言えないことが嫌いなイケハヤだって「政策によって中小企業が倒産して家族が自殺するような事例が少なからず出るのは仕方がないこと」って言って問題になったじゃないですか(違うイケハヤだ)。

ともあれ、本音が言えるってのは昔から清廉潔白で清貧をもっぱらとする人の専任事項だった気もするんだけどね。今の本音が言えないって人の本音ってのはちょっと前だったら「言うのが恥ずかしい」レベルの自己の曝け出しだったりもするよね。特にヘイトのようなものは。

(表層的な)本音を言ってしまうのは結局のところ失言だろうし、本音を全て言いたいってのは社会的存在としては幼稚であるだけだろうし。「言えない」って感じてしまう本音ってのは少なからず「言ってはならない理由」があるし、その理由が正当でない場合に「言わない」を選択しなければならないのであればそれは自分を恥じるしかない(もっとも、言わないが最適なソリューションであることを納得する場合もある)。