読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

novtanの日常

ネタです。ネタなんです。マジレスする人は撲滅すべき敵です。だからネタだってば!

勢いで得た価値を一度失うと取り戻すのは難しい

先行者利益とか、そういうやつで稼ぐ、というのはもちろん大事なことなんだけど、実際の商品価値が「先行者利益であること」しかなかった場合、その先行者であるというステータスをきっちり大事にしていってなおかつその領域がしぼんでいかないという状況でしか稼ぎ続けることは出来ないよね。

で、もうブログは終わっている(稼ぎという意味で)ところに近づいてきた。少なくとも先行者であるというところにはもう価値はないし、これからブログで稼げる人は(別にブログじゃなくても稼げる才能をもって)価値のあるコンテンツを提供し続ける人だけだと思う。

なので、大した内容もないのに知名度だけ上がっちゃった人がブログから逃亡するってのは個人の行動としては非常に正しいし、それをとやかくいうつもりもないんだけど、まあ干上がるだろうね、自分がなぜ先行者になれたかってところを見失った行動していたら。後は徐々に「この人誰?」みたいになって消えていくわけだから、そうならないために頑張って露出を試みると思うんだけど、ともあれ先行者だからついてきてくれてきた、直接的には金にならない(間接的にはPVなどで貢献している)人たちを切り捨てちゃったら価値の底上げもままならなくなるわけで、つまりここいらがどん詰まりなんだよね。

という状況がなんとなく透けて見えていてある種の哀れを感じなくもないんだけど。同じ常識ヘイトでも例えばホリエモンなんかは「できれば存在自体消え去ってくれないかなー」って思ったりもしたけど、某師なんてのはそこまで稼いでいるわけでもなく、物言いに腹は経つから批判はするけどたくましく生きてほしいなーでも辛いだろうなーと同情する程度には普通のレベルの人なんだよなーと。

ともあれ、成功体験を糧に新たな成功体験を求めるタイプはバックグラウンドの実力がないとどこかで自転車操業が破綻するし、一度破綻したら原資が何もないので復活しづらい、と言うのは色々見てきていて思う。たまーに山師みたいな人が現れてそういう人の昔の知名度だけをレバレッジにして何とか売りだそうとして一瞬輝いたところを搾取して逃げて当人だけはポカーンとした状態で非難だけ浴びてるみたいなのも見てきているのでこっちに行っちゃったら悲惨だぜとかも思ってしまう。

知名度のある別の人とコンビになるみたいなのがもう当人たちが単体では限界が有ることを感じている風にしか見えなくてすげー痛々しい。

自分の価値がまだ換金できるうちに換金しきってしまおうという戦術は正しい。きっと、もう間もなくなのだろう。