読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

novtanの日常

ネタです。ネタなんです。マジレスする人は撲滅すべき敵です。だからネタだってば!

久々に映画館に行ってあらためて思った鑑賞マナーについて

社会

僕はあんまり映像作品を見ないんだけど、一番大きな要因は見るという行為(本であれば読む)の時間軸を自分でコントロールできなくて、音楽のようにながら視聴も難しいということにある(当然だけど、テレビ番組の特にバラエティーはながら視聴が可能だから流れているものを見てしまうことはある)。なので、ニコニコ動画もYouTubeもわりと福音的な存在であったんだけど、ついつい飛ばして見ちゃうんだよね。良くないね。

という点において、映画館はもうどうしようもなく拘束されるわけですよね。と言っても、ライブとかコンサートは平気で行くので、もうちょっと別のファクターがあるのか。予告編いやとか、これから起きることに安心感ないとか、途中で休憩が(大抵は)ないとか、まあそういう点かもしれないですね。

さて、ライブ(特にジャズね)とか、コンサートとか言っている時にもとても思うんだけど、例えば、楽章の切れ目で拍手しちゃったりするじゃない?かっこいいソロが聞こえてきたら途中で声あげちゃったりするじゃない?なんかたまに睨まれるんだよね。まあ楽章の切れ目で拍手は僕はしたことないけど。それがある程度マナーとして成立しているところはあるし、別にそれがきっちりわかっているならよい。なんだかんだで音楽は感情を喚起はするから、隣の人がボロボロ泣き始めても気にはならない。クラシックじゃなければなんだったら声を上げててもいいんじゃないかと思う。そもそもプレイヤー自身が号泣しながら演奏しているのを見たことある(ゲロ吐きながら演奏してたのすら)。
でもまあ、必要なのは最低限の秩序で、その場が楽しめるレベルだってことではあるね。

さて、映画館が僕にとってあまりよい場所ではないというのは、ここにも抑圧された鑑賞マナーがあるように思えてしまうこと。シリアスな映画だからと言って笑っちゃいけないのかなーとか。みんな感動してすすり泣いているようなパターンは誰も文句言わないのかな。ギャグで笑うべきところで笑えてない、というのもたまにありそうだけど。面白かったら反応をしなければならないというのが僕の身的(心的か?)特性なのではないかと思うと映画館はしんどい。そういう点では単純に映画館に僕が向いていないだけなんであろうというのが結論ではあるんだけどさ、やっぱりちょっと聞いてみたい。

「みんな我慢しているの?それともあれが普通なの?」